Notice: Use of undefined constant w8038t - assumed 'w8038t' in /home/sites/heteml/users/a/d/m/admn/web/poco.mtz.jp/index.php on line 1
2月 « 2010 « poco a poco

週末のクライミング (2)

昨日朝未明、チリで大規模な地震がありました。

(ブエノスの街もわたくしも無事です。街の中も身近に見ている限り普通に機能していて特に影響は見受けられません。)

ブエノスアイレスにも揺れが届いていたようですが、起きてすぐ目にした日本からの友人のメッセージで「地震は大丈夫?」という質問の意味が分からなくて答えられなかった位、その時間は全く目を覚ましませんでした。

大家さんの話を聞き、ラジオを聞き、テレビを見て、尋常じゃないことを認識して部屋に戻り、これは家族に連絡を取ろう思い、チャットしました。 Continue reading 週末のクライミング (2)

隣国ブラジルのポルトガル語

今のクラスは全部で8人、今までの4-5人に比べると大所帯。

で、そのうちの5人はブラジル人でした。

という訳で、ブラジル情報が色々耳に入ってきました。

興味深かったのが、ポルトガル語の表記統一に向けた動き。

※詳細はきちんと調べておらず、あくまで聞きかじった限りで書いています

ポルトガル語は全く関わりがなかったのでポルトガル語事情をほぼ知りませんでしたが、「表記法統一」という動きがあったそうです。それも去年実施と、本当に最近の話。 Continue reading 隣国ブラジルのポルトガル語

経済観念の変化。

最近、金銭感覚が変わったことを実感します。

10ペソ(約230-240円)の違いを軽視できない。
100ペソなんてもう大変。

タクシーにもったいなくて乗れないので、使える時はコレクティーボ[colectivo](=路線バス)を使います。1.25ペソ(30円)で行ける所に18ペソ(約430円)が出せない。

特に誰かと出かけたりしない限りは、食べるモノも節約を考えるようになってきました。
パスタが食べたくて、1人の時でもパスタを食べにどこかに出かけることもあったのに、今はもう昔のこと…今はデリ利用を覚えて8ペソ(200円弱)前後で満たされる。
これに関しては、ここの重たい食事に胸一杯になって来てしまったこともあり…。 Continue reading 経済観念の変化。

続)集中豪雨と乾燥対策

先週は激しい豪雨の日々が続きました。

先週の19時間の停電の後、更に2回同様の豪雨がブエノスアイレスを襲撃。

私の住むエリアは、19時間の停電の日以降停電は起きていないけど、となりのエリアに住む友人は先週後半だけで2回の停電と断水。一日はお湯も出ず、ろうそくを灯して水シャワーを浴びたと言ってました。今週月曜日夜、コリエンテス通りという大通りの真ん中で大きな音を立てて横断し、道を遮断する人達を見かけました。警官が集まって騒ぎをおさえる程で、何事かと聞いてみたら、たび重なる停電に抗議するデモだったそう。因みにそのエリアはその翌日も再び停電になってしまいました。豪雨は止まったのに…。 Continue reading 続)集中豪雨と乾燥対策。

日常とナイトライフと治安。

こちらに来てから、あと1週間で1ヶ月。

因みに全く実感がわかない…。あっという間だった様な、もっと長ーくいる様な、どちらとも感じられる。

日々何をしているか、そろそろ日常のルーティンが出来つつあるので、1ヶ月経った今の私の「通常」(≒だーいたい習慣化しつつある行動)をご報告します。

Continue reading 日常とナイトライフと治安。

19時間の停電

長い停電を初めて経験しました。

これまで話を聞いたことはあったけど、実際に出くわしたのは初。

昨日は基本的に天気よく、まさかこんなことになるとは思いもしない穏やかさがありました。

昨夜の9時過ぎ辺りから、ポツポツと突然降り始め、10時には激しい音を立てていました。ここ数週間ずっと続いていた天候だったので、またきたか・・と思いつつも部屋で寛ろぎ、スペイン語の字幕付きで映画『フォー・ウェディング』(Four Weddings and a Funeral)をやっていたので、呑気に眺めていました。

暫くするととなりの部屋から大声で呼ぶ声。

Continue reading 19時間の停電

やっと(人工)外岩デビュー♪

ついこの間まで猛暑との戦いだったのに、長い雨嵐が切れたと思った瞬間に秋の匂いが一気に街を覆っています。残暑はまだあるものの、とにかく夕方以降の風が冷たい。昼間は熱いけど、汗が出る蒸し暑さはなく、汗が止まらない状態は無くなりました。そして日が陰り始めると一気に涼しさを増し、涼しさも飛び越して寒ささえ感じることも。

先週土曜日は微妙な曇り空の中、夜から嵐という予報もあったので、国立美術館(Museo National de Bellas Artes)へ行きました。タイトルと外れますがちょっと補足すると、ゴッホやロディン、モネ等の作品から、アルゼンチンの古くから現代までの作品までが展示されていて、様々なヨーロッパの歴史を伺えてとても面白かったです。中でも一番引き込まれたのは、”コロンブス上陸以前”という括りの展示室にある古代の遺跡。衣類から土器まで様々あり、特に土器はこれまでに見たことのある縄文や弥生のモノとはまるで様子が違います。この世には古代にも存在していなかったと思われるすごい形相の動物をかたどられたモノで、魔除けとして使われていたのか何なのか、非常に興味深かったです。その部屋だけ何故か明かりが落とされ、神秘的な音楽が流れていて、時には鳥肌が立ちました。それ位のすごい形相…。

そして日曜日、待ちに待った晴天の週末!3週間待ち続け、遂に屋外人工壁行きが実現♪

Peru Beach

  Continue reading やっと(人工)外岩デビュー♪

食生活。

ここらで食生活を少しご紹介します。

私の一日の食事はこんな感じ。

  • 朝食: 家でヨーグルト、シリアル、トースト等で軽く
  • 昼食: 街のカフェやレストランで、サンドイッチ、パニーニ、パスタとか
  • 夕食: 家で肉料理、サラダ、スープ、パスタ、パン etc…

ですが、こちらには食事時を表現する言葉が4つあります。

  • 朝食 [desayuno]
  • 昼食 [almuerzo]
  • 間食 [merienda]
  • 夕食 [cena]

パッと見では「日本も一緒じゃん?」という感じはしますが、少し感覚が違います。 Continue reading 食生活。

タンゴへの感動、再び

先日、今回こちらに来て初のタンゴショーを観てきました。

あまりの感動に興奮の勢いのまま、書かずにはいられず再び綴ります。

実は一番初めにこの土地に足を踏み入れた時、ここの凄さに気付かされたきっかけをくれたのがタンゴでした。(話すと長いのでここでは割愛します)

とは言え、週末街を散歩すると様々な街角で青空の下タンゴを路上で踊っているのを目にすることが出来るし、今回改めてちゃんとしたショーに行くつもりはなかったものの、きっかけあって再び観に行くことになりました。 Continue reading タンゴへの感動、再び

スペイン語学習-起点の記し

先週と打って変わって雨続きの日々を送っています。スコールの様に突然激しく降ったと思うと、カラーっと晴れたりしてますが、全般的に熱い雲に包まれたブエノスアイレス。この時期こんな天気が続くのは異常気象とのこと。気温も30℃前後に落ち着き、お陰で首の汗疹がかさぶたになりました^^;

そんな訳で外の移動も容易にならず、今週は猛烈に勉強してます。ハイ…、スペイン語:-D

Continue reading スペイン語学習-起点の記し