Notice: Use of undefined constant w8038t - assumed 'w8038t' in /home/sites/heteml/users/a/d/m/admn/web/poco.mtz.jp/index.php on line 1
“減砂糖”期間中のお菓子。 « poco a poco

“減砂糖”期間中のお菓子。

引き続き、体質改善キャンペーンやってます。

かれこれ半年になります。明らかに体調が変わるので、前向きにやってます。具体的には栄養に気を使ってるんだけど、基本ルールは禁酒・禁砂糖・禁カフェイン。

禁砂糖は、多少であれば黒砂糖、蜂蜜はOK。厳禁なのは白砂糖、市販の砂糖入り食品。

これに関しては正直にいうと、最近全般的には完璧な“砂糖ゼロ”というよりは、”減砂糖”に近い。避けがたい社交上の事情や、特別な外食時、どうしても体が欲して黙らない時は特別に緩めて、それ以外の日常は基本砂糖ゼロというスタンスでやってます。

時々どうしても体が欲して黙らない時があるんです。そんな時は果物食べたり、たまたまそういう時にJapan Centerに行ったりすると大福一個買ったり。あずきを炊こうかと思ったこともあったんだけど、それをやっちゃうと一気に食べるであろう自分が見えるので、避けてます。

 

先日のこと。

友達からランチにお招き頂いたので、久しぶりに何かお菓子を作ることにしました。小さなお子様達が揃う場だったので、お菓子を作るなら砂糖抜きで何か・・・と考えていてふと、「ありゃ、これは自分用にもとっても助かるかも!」となり、張り切ってレシピを探しました。

最終的に作ったのは、砂糖不使用のオートミールクッキー。

砂糖抜きオートミールクッキー 砂糖抜きオートミールクッキー

レシピはこれを参考にしました。

卵、乳製品、砂糖不使用オートミールクッキー

材料は、持ち合わせのものと見合わせて多少アレンジ。

材料 (20枚くらい):

  • オートミール    1カップ
  • 小麦粉(全粒粉)  1カップ
  • ベーキングソーダ  小さじ1
  • レーズン     1カップ弱
  • くるみ、アーモンド、ココナッツなど合わせて  山盛り1カップ
  • 菜種油      大さじ5
  • 牛乳       大さじ4
  • メープルシロップ  100cc

焼き時間:   160℃のオーブンで20分

  1. 下準備でレーズン、ナッツ類を出来るだけ細かく砕いておき、
  2. 粉類、オートミールを全て混ぜたら、油とメープルシロップを追加、
  3. 砕いておいたナッツ・フルーツ類を加えて混ぜ、
  4. 牛乳を加えながらまとめやすくなるまで混ぜる
  5. スプーンで適量取ったら天板に落として、気持ち平たく伸ばして、
  6. オーブンに投入

簡単でした。力まずに出来ます。

170℃で焼いた一回目は、8分も経たぬうちに即座に全体の色が濃くなり、匂いもこのまま10分強焼いたら確実に焦げる感じだったので、早々に160℃に下げました。この温度で20分、完璧に焼き上がりました。

手で丸めず、スプーンで落として、気持ち平たくした程度の手抜きさだったけど、焼くうちにやんわりと広がって、いい状態になりました。

天板にクッキングシートを敷いて焼いたんだけど、焼き上がりにすぐヘラを入れたらもろく崩れました。荒熱が取れるまで放置した方が、全体が固まってはがれ易くなります。

オリジナルのレシピでは、「まとめやすくなる位まで水を足す」って所を、牛乳でやりました。

 

メープルシロップのコクが、レーズンとココナッツの甘さとナッツの香ばしさとからまって、ちょっとでも心身満たされるお菓子が出来ました。そんなコクある甘みに興味がある方には、是非お薦めです。

みりんでやるのも面白そう。レーズン、ココナッツ、ナッツ類で十分甘みがあるから、きっと美味しいに違いない。第二段やりたくなったら、今度はオリジナル通りみりん煮詰めてやってみよう。

 

実はこの前に、砂糖不使用お菓子の第一弾でバナナケーキを作りました。

結果・・・捨てるに至ってしまった(泣)

問題はベーキングパウダーとベーキングソーダの違いでした。

ベーキングソーダしか手に入らなくて、参考にしたレシピで使うベーキングパウダーの代用でベーキングソーダを同量使用。パウンドケーキだったから使用量は10g、結構な量でした。

出来上がってみると、香りは立派にバナナパウンドケーキ。食べてみたら・・・味は衝撃的に苦くて、体に悪い味しかしない!!!しかも、それでも膨らみ切らなくてケーキの内側はしっとりと固まってる感じ。

そのあまりの味の悪さに、このクッキーも同じ羽目になるのかも・・・という恐怖感がありました。

今回はクッキーなので、使ったのは小匙1、量的には大分少ない。そこに望みを託して挑戦。

出来上がってみたら苦味は全く感じられず、想像以上にコクがあって美味しかったので、二倍の喜びでした。

ベーキングパウダーは、ベーキングソーダ(重曹)に酒石酸、クエン酸、リン酸カルシウムなどの助剤を加え、少量で炭酸ガスが発生する様に加工されたものなんだそうです。(by石鹸百貨)別物とは分かっていたけど、どう違うかの認識がうやむやだった。ベーキングパウダーとベーキングソーダの違いを、今回体で覚えました。こうことは、二度と忘れまい(苦笑)

 

何はともあれ、どうしても甘みが欲しくなった時に、ちょびっとずつ摘むお菓子が出来てほっとしてます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

6 comments to “減砂糖”期間中のお菓子。

  • かなえ

    おいしそ〜!しっとりしてるのかな?それともぱさぱさ系?

    guilt freeバナナケーキ(笑)できたら写真みせて!今、オーブン使えないので指加えて眺めるしかできないんだけど...
    バナナブレッド大好きなんだ〜

  • かなえちゃん、
    ソフトクッキーっていう感じではないからパサパサ系になるのかな?身がしっかり固まってる感はあって、噛むとナッツとオートミールの歯ごたえが軽くカリコリしてる。カリコリ系(笑)?
    バナナケーキはベーキングパウダー手に入ったらやり直してみるー。重曹使って、糖分削ったパウンドケーキ作ってもは不味いし膨らまない・・・パウンドケーキ形にしないでブラウニーみたいな薄め焼きだったらいけるのかなぁ・・・

  • かなえ

    紅茶と一緒にいただくとおいしそう。

    やっぱり砂糖・卵・小麦粉抜きっていうと、最終的にはこねてボール型になっちゃうよね〜
    それか、そう、ブラウニー型だねぇ。

    そういえば、全く関係ないんだけど、オーガニックショップにいったら、デーツとかのnatural sweetner入りのraw chocolate買えるんじゃない?パンチの効いた甘さという点では、結構満足するかも!

  • かなえちゃん、
    へぇぇ、そんなのあるんだ!オーガニックショップで知らないもの、一杯ありそうだな。今度行く機会に探してみるー。

  • Mayui

    はじめまして。私サフォーク州のベリーに最近引っ越してきました。以前はNZ、AUSはパースに居ました。
    このオートミールクッキーいいですね。私もかなりの自然派なので、こういうレシピ好きです。
    近くに住んでいるのかなぁ。。
    もしよければメールください。

  • Mayuiさん、
    はじめまして!コメントどうもありがとうございます。
    第二段には至らずじまいだけど、機会があればまたやりたいと思ってます。本当に簡単で♪
    NZ、AUSから来られたんですね。色々聞かせてください、あとでメールしますね。わたしはロンドン近郊在住という意味では「近い」んだけど、西と東の違いが・・・な所で、バッキンガムシャー在住です。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">