Notice: Use of undefined constant w8038t - assumed 'w8038t' in /home/sites/heteml/users/a/d/m/admn/web/poco.mtz.jp/index.php on line 1
2015年のご挨拶。 « poco a poco

2015年のご挨拶。

去年8月上旬、イギリスに夏が来たー!と叫んで以来、はじめての更新(笑)

 

2015年明けまして、おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

(こんだけずれても一応言っておきたい(笑))

 

去年からの空白の時間、実は出産してました。

去年の春前に妊娠が分かり、出産して末の年の瀬を迎え・・・ほぼ、妊婦で過ごした一年でした。

40歳も過ぎてウン年経っての妊娠。色々懸念かかえつつ、かなり大事に過ごしました。

特に妊娠初中期。

そのお陰もあってか、順調でした、妊婦生活。

・・・途中まで。

 

7ヶ月の時に里帰りして、日本にひと月。戻ってイギリスで出産・・・の予定が、出国を目前に前置胎盤が発見されました。8ヶ月目に40越えの妊婦が前置胎盤と判明、本人の自覚が追いつかないまま緊急扱いで大きい病院で再診察、そしてそのまま日本で管理入院となり、そのまま出産となりました。

診断を受けた時は、”前置胎盤”という言葉も知らなくて「・・・なんですかソレ?」状態。これがリスクの高い妊娠・出産なのだということをはっきりと理解したのは、出産を終えた時でした(笑)

出産は色々ありましたが、結果的に大きな病院で出産出来てよかった。

御守り

(たくさん守って頂きました)

 

現在は、24時間態勢で新生児と向き合う日々を過ごしています。

新生児という存在とは全く無縁だった実家が一変。犬達も、ちっちゃい割りにやけに大きな声でよく泣くこの存在に混乱気味(笑)

意図せず実家で産後を過ごす展開となりましたが、こうなって本当に救われました。出産前、話した友達のほぼ全員から「自分の実家で産後を過ごせることになってよかった」と言われました。私は”肥立ちをよくする為、無理せず実母に助けてもらうべし”というメッセージだと受け止めてました。含みがもっと広いことを思い知ったのは退院後、「ぁぁぁ、こういうことー(涙)」。静養どころか、まともな睡眠が一切出来ない。これは覚悟をかなり上回って、相当やられました。授乳サイクルというのか赤ちゃんの睡眠サイクルは平均2~3時間で、授乳に1時間前後、そして睡眠が2時間、1日7~8回これの繰り返しでした。寝付く前にぐずりが入るとそれで1時間、睡眠は1時間。時にはぐずりっぱなしで睡眠ゼロ。自分も赤ちゃんが寝た時に寝るしかないけど、毎回寝ていられる訳でもなくて、激しく睡眠不足でした。体調回復も肥立ちもさておき、産後の5~6週間がとにかく「過酷」でした。

世の中のお母さん達はもれなくみんな、表に見えない所でこんなすごいことを潜り抜けてきたんだ。しかも、複数人の育児って、一体どうこなしてるのか尊敬と謎が深まるばかり。しかもしかも、実家から離れてる場合はシャワーを浴びることも、ご飯の準備も食べるのも、まともに出来ない訳で。それをみんなこなしてる訳で。頭が下がる・・・(遠い目)

出産は勿論大仕事だけど、産後がここまで辛いってみんな大々的に口にしないのは何故?って真剣に思った。赤ちゃんの顔に癒されるから?参ってる自分が、何か欠如してる?と繰り返し考えました。相当弱ってた(笑) まー多分、みんなは口にしてるんだけど、自分の想像が正しく出来てなかったということなんでしょう(´-ω-`) 単純に高齢だからという噂も・・・(苦笑)

時には皇帝ペンギンのドキュメンタリーを思い出しちゃったりして。命懸けで孵化した子供ペンギンを守り、文字通り身を削って子を養う彼らとは比較にならないけど、つまりそういうことなんだと、「自分頑張れ」と言い聞かせてみたり・・・(笑)そう考えたら、少なくとも食事は何も言わずとも欠かさず頂ける環境は、なんと恵まれていることか。

 

最近ようやく、この「過酷」期のピークを乗り越えたかな?、と感じられるようになってきました。

多分。

だといいな(笑)

という訳で、こうしてPCに向かう時間も持てるようになってきて、この5ヶ月ぶりの更新に至りました。

 

こんな新年を過ごしています。

この一年が穏やかなものでありますように♨

 

取り急ぎ、新年のご挨拶と近況報告でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">