Notice: Use of undefined constant w8038t - assumed 'w8038t' in /home/sites/heteml/users/a/d/m/admn/web/poco.mtz.jp/index.php on line 1
出生届完了。 « poco a poco

出生届完了。

産後、3ヶ月が過ぎました。

怒涛の1~2ヶ月を過ぎて、少しゆとりも生まれてきたようなまだまだのような。

でも、こうしてブログを更新する時間があること事態、ゆとりが出てきた証ですね。

自分のビザ手続きが終わって以降、イギリスの手続きとは当分離れていられると思ってたのに・・・

思いがけない日本での出産により、再び英国への届け出に奔走することになりましたです。

息子クンの出生届。

これをやらない限り日本のパスポート申請にも至れず、つまりイギリスには戻れない・・・ので、頭の中はそれどころじゃなかったけれど奮い立たせて取り掛かりました。

(手続きとしては、イギリスの出生証明なくてもパスポート申請出来るけど、ヘボン式ローマ字での名前表示を避けたくて・・・)

英国の手続き方法は刻々と変わっていくので、備忘録作ってどれだけ役に立つか分からないけど、一応メモを残しておこうと思います。

(以下すべて、イギリスの手続きネタです)

出産前に、軽ぅーくネットで調べていた限りの認識で、英国への出生届は、在日英国大使館で手続きするものと思っていたところが・・・

「英国大使館では、もう出生届・死亡届を受け付ておりません」

の一文が。その業務は、英国内へ移管されたそうで・・・うそーん(汗)

Notarial and documentary services

Information about official documents and certificates available at British Embassy and Consulate-General in Japan.

The British Embassy in Tokyo and British Consulate-General in Osaka no longer accept applications to register births or deaths which occurred overseas. This service has now transferred to the Foreign and Commonwealth Office in the UK.

gob.ukサイトより (https://www.gov.uk/government/world/organisations/british-embassy-tokyo)

と言う訳で、また郵送と翻訳と分かり難いweb上ガイドラインの読み込み作業に追われることになるのか・・・と覚悟を決めました。

日本で産まれた子供の英国の出生届を日本から申請する場合です。

[必要書類一覧] (2015年1月時点)

You must send the original copies of:

  • the child’s local birth certificate (‘shussetodoke kisaijiko shomeisho’) – it must have the name and address of the hospital
  • a copy of the family register (‘koseki tohon’) which has been certified by the ward office (if one of the parents is Japanese)
  • a name confirmation form that says how you would like the child’s full name to be registered, if the name differs from the name on the local birth certificate or Japanese family register (the rules are on the form)
  • the long version of the parent’s birth certificate showing the child’s grandparents’ details (for parents who were born in the UK)
  • the parent’s naturalisation or registration certificate (for parents who weren’t born in the UK)
  • the parents’ marriage or civil partnership certificate (if applicable)
  • evidence that the parents’ previous marriages or civil partnerships have ended (eg divorce or death certificates)
  • change of name documents (if either parent has ever changed their name)
  • a letter from the parent’s employer if they’re working abroad as a UK civil servant, EU civil servant, diplomat or member of HM Forces (for British parents)
  • written evidence if the parent was born overseas while one of their own parents was working abroad as a UK civil servant, EU civil servant, diplomat or member of HM Forces (for British parents)

You must also send photocopies of:

  • the photo page of the child’s British passport if they have one
  • the photo page of the parent’s current passport (for British parents)
  • the birth certificate or the photo page of the parent’s current passport (for parents who aren’t British)

つまり・・・

  • アプリケーションフォーム
  • 出生届記載事項証明書
  • 戸籍謄本
  • ”Name Confirmation”フォーム ※ 日本での届け出氏名と違う名前で英国の出生届を出す場合
  • 英国人国籍の親の出生証明書(フルバージョン)
  • 婚姻の証明 ※ もし子供の両親が結婚している場合
  • 離婚の証明 ※ もし子供の両親のどちらかが過去に離婚している場合
  • (その他、過去に名前を変更した場合、両親が英国及びEUの公務員の場合、英国籍の親が英国外で出生した場合の書類・・・)

それに、

  • 両親のパスポートの写真のページコピー

【補足】

✔ 出生記載事項証明書は出生届から1ヶ月以内であれば、届け出た役所で取得できます。それ以降は本籍地の役所に送られてしまうそうです。

✔ 英国の出生証明は形式が二通りある様ですが、full versionが必要です。

There are 2 types of birth certificate:

  • the short version, which contains only the baby’s details
  • the full version, which also contains the parents’ details

✔ 婚姻の証明は、日本の婚姻届受理証明書を提出しました。イギリスにも届けてあったけど、既に手元にあるものを有効活用することに。

✔ 提出する日本発行の書類は、全て翻訳会社による翻訳が必要です。

Send English translations of all foreign documents. Use a professional translator and include their name and address with your application. Don’t send laminated documents.

依頼できる翻訳会社のリストは、こちらから見れます。

✔ パスポートコピーには、”正規ドキュメントの複製である”という証明が必要です。こちらにその指示があります。

✔ 厄介だったのは、そのパスポートの複製証明。

問い合わせ先は公証役場です。

ここで求められているのは、紙一枚の上にコピーされたパスポートが間違いなく「正規パスポートの複製である(=改ざんされてませんよ)」という証明なんだけど、公証役場に問い合わせてみた所、回答はこうでした。

「パスポートは、外務省が発行する正規ドキュメントです。このパスポートコピーが正規のものであることは、発行元の外務省しか証明することが出来ない訳ですが、外務省はパスポートの代用として使用されることを避ける為、こういった認証を行いません。我々公証人が出来ることは、パスポートのコピーに併せて、それが正規原本の写しであることをご本人が宣言する”宣言書”を用意してもらって、そこへご本人が署名したことを見届け、確かにご本人が署名したことを証明することです。それでよろしいでしょうか?」

むーん、ややこしい(汗)

よろしいかと聞かれても・・・それこそ私が判断できる立場にも無いしぃ。

とりあえずそれしか出来ないってことなので、この宣言書を和文・英文併記で用意して、公証役場へ予約を取り、証明してもらいに 行ってきました。結果的には、それで通りました。問題なかったです。

✔ 書類を全て揃えたら、gov.ukサイト(ここ)から申請料を支払います。

✔ 支払い番号をアプリケーションフォームに記入して完了。揃った書類を、Milton Keynesの外務省窓口へ郵送します。

Overseas Registration Unit
Foreign & Commonwealth Office
Hanslope Park
Hanslope
Milton Keynes
MK19 7BH
United Kingdom

✔ 申請が受領された後、5稼働日以内に手続きが完了するそうです。提出した証明書類は返却されます。

 

出生届のガイドラインは、予想に反して、思っていた以上に丁寧にまとめられていました。

読み込まなければならないには違いなく、結構気が張る作業だけど、読み込んでいけばちゃんと情報が見つかる。以前と比べたら、数々改善されている様な印象を、今回は受けました。

翻訳から公証人証明と、申請料金以外にもどんどんお金が掛かりました。これはビザ申請の時には要らなかった費用。翻訳は全部自分で訳したものでOKだったし(財政証明だけ翻訳会社にお願いしなければいけなかったけど、運よく用意する財政証明は英語版でした)、複製認証は必要なかったし。全般、こういう方針に変わったのかな。

稼働日5日で実際手続きは完了したようです。証明書と提出した書類が郵送で戻ってきました。

この出生証明をもって、息子クンは無事に日本のパスポートを申請しました。

滞りなく終わってひと安心。

これにて、間もなくイギリスに帰ります。

 

関係ないけど・・・余談の写真。

寝ると何故か菩薩型で持ち上がってくる、息子クンの手(笑)

ちっちゃい手

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

7 comments to 出生届完了。

  • noriko

    こんにちは

    無事届けが受理されたとの事、おめでとうございます。
    出生届の詳細や翻訳会社を検索していてこちらに行き着き、読ませて頂きました。
    当方、第一子目の時は在日英国大使館で出来たので、すっかりそれと同じだと思っていたので、変更になったのをgov.ukて読んで慌てて準備始めた次第です。。
    かなり面倒な作業ですよね!!

    ちなみに、翻訳会社のリストは添付からはジャンプできなかったのですが、gov.ukのvisaの申請につてのページでリストが載っていたものと同じリストでしょうか?
    その中から依頼されたのでしょうか?
    公証役場での認証は日英を併記されたとのことですが、英文だけでも大丈夫かなと思っていたのですが、公証役場で和文も必要だったのでしょうか?
    すみません、私がgov.ukで、見落としていただけ?なのかな!?と気になってしまい。。

    質問ばかりですみません
    もしお手間でなければお教え頂けると幸いです!

    宜しくお願い致します。
    noriko

  • norikoさん、
    本当に頻繁に変更発生しますね、英国の事務手続き!私も初めてこれ発見した時は驚きでした。
    特にnorikoさんは以前の手続きが大使館だったとなると、心の準備も書類の準備も状況が一変しますよね。また産後にこれに向き合う疲労感が・・・(汗)

    翻訳会社のリスト、リンクは変わっていないようです、私は同じリンクでまた開けました。ビザ申請で出てくるものと同じだと思います。もしくは、gov.ukの中で、Japan Translationで検索すると出てきます。その中のひとつに依頼を出しました。
    パスポートコピーに添付する自分の宣誓書ですが、和文は特にどこにも求められてませんが、どっちにどう転んでもいいように、自分が一番しっくりくる気がしたので和英文併記にしました。英文だけでも大丈夫だと思います。逆に和英文併記でも特にお咎めもなしでした。
    お金と手間がやけに掛かりますが(苦笑)、norikoさんの手続きがスムーズにいきますように・・・

  • noriko

    yasuko さん

    ありがとうございます。
    リンク開けました!

    本当にお金もかかるし、労力も…大変ですね。

    お子様、ウチと同じ月齢なのかな!?(5ヶ目ですか?)
    子供の成長って早いですよね!
    ウチは最初の3ヶ月はハプニング続きで、先月はロンドンから義理母が来ていて
    やっと準備始めたので、届出の期限が無くても少し焦っています。。
    また法律や手続き方法が変わらないうちに、頑張って手続きしようと思います!

    これから英国は良い季節になりますね!
    楽しんで下さいね〜

  • Yukiko

    こんばんわ、子どものイギリスでの出生届のことで調べていて、こちらにたどり着きました。必要書類一覧など見させていただいて、とても参考になります!かなり煩雑なことになっているようで、億劫ですね・・・。
    少し質問させてください。
    必要書類一覧はgov.ukのページに載っていますか?探しても探してもなかなか見つからなくて・・もしそのページのリンクを教えていただけると大変助かります!
    また、日本で発行する書類とその翻訳文ですが、よくある「6か月以内に発行されたもの」とかいう制限はありましたか?
    婚姻証明書と戸籍謄本は同じようなものだと思うのですが、これも別々に揃える必要があるのでしょうかねぇ。

    子ども2人分なのですが、それぞれの書類を2枚ずつ作成しなければいけないのかも気になります・・・。
    英国大使館でもう受け付けていないのなら、質問事項は直接overseas registration unitに聞くべきなんでしょうが、もし何かアドバイスやご存じなことがおありなら、と思いコメントさせていただきました。

  • Yukikoさん、
    上記に転載した必要書類一覧は、こちらのリンクからコピーしたものです。(開けますか?)
    https://www.gov.uk/register-a-birth/y/japan/father/yes/same_country
    これは、”Register a birth abroad”のページ(https://www.gov.uk/register-a-birth)から、質問に沿って答えていった結果到達するページです。状況が違えば違う結果になるかもしれませんが、ページを一番下にスクロールすると、どの回答に対して出た結果かがいつでも見られるようになってます。
    日本で発行される書類と翻訳文は、特に期限的な条件はなかったと記憶してます。実際私は手元にあった証明書を提出しました。1年半程前に取得していたものです。
    戸籍謄本は、結婚というよりは子供の登録が完了しているかを見る目的なのかもしれないですね?出生届記載事項証明は出生にまつわる詳細を確認するため、出生届・戸籍登録が滞りなく終わったことを確認するのに戸籍が参照されている?・・・と推測してます。
    書類の枚数ですが、子供一人に申請書類一枚、併せて証明書類も各自に1枚ずつ用意する必要はありそうかなと・・・私がその状況だったら、そう用意すると思いますが・・・双子さんなのでしょうか?もしそうだと、出生届記載事項証明以外は同じですもんね。問い合わせる価値はありそうですね。
    二人分の届出で大変だと思いますが、すべてがスムーズにいきますように!

  • Yukiko

    ご回答いただきありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。gov. ukから必要書類一覧のページに辿り着けました!
    イギリスのオフィスに問い合わせてみると、2人分の出生届を出すときは書類1セットで問題ないという回答をいただきました(ちなみに2歳差の兄妹です)。すべて2枚ずつ準備する必要がないのには本当にほっとしました。
    パスポートの複製証明が本当に必要なのかどうかが少し疑問なのですが・・必要書類一覧のページには注意書きで記されていないですし、certifying a documentのページにも、When you apply for something like a bank account or mortgage, you may be asked…と曖昧な言い方をしていて、birth certificateのことには触れていないので・・。これもオフィスに聞いてみた方がいいかもですね。
    とりあえず時間とお金と労力が必要でかなり面倒くさい作業ですが、がんばります。ありがとうございました。

  • Yukikoさん、
    2人分の出生届に、提出書類は1セットで問題なかったんですね!!聞いてみるもんですねー!パスポートの複製証明ですが、確かに分かりにくいですよね。もしかしたら要らないのかな??私はCertifying a documentのページが出生・死亡・婚姻届け関連の下にきているのと、他の人のブログを見ていて必要そうだっていう思い込みで動いた経緯です。これも是非聞いてみて下さい。無くても大丈夫そうな気配ですね…
    時間とお金と労力、まさしく三つ巴に求められる作業ですね、これ。出来るだけ完結に完了しますように!

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">